妊娠線 予防

MENU

妊娠線の予防と、出来てしまった妊娠線ケア

妊娠線消えるクリーム

妊娠線が出来るしくみ、原因は分かりましたか?

次に、「妊娠線はどう防げばいいのか」という事が
気になるでしょう。

 

また、出来てしまった妊娠線はどうすればいいのか
諦めるしかないのか、症状の改善にはどうしたら良いのかを紹介していきます。

 

既に妊娠線が出来てしまっている人は、もう消えないものだから
「諦めている」人もいるでしょう。

 

しかし、最近は出来てしまった妊娠線のケアに有効なアイテムも
色々とあるので、ぜひそちらの利用をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

妊娠線を出来ない様にするためには

 

体重の増加に気を付ける

妊娠線消えるクリーム

 

妊娠中には体重が増える事は「普通」の事なのですが、何も考えず
ただ増やしっぱなしにしてしまうと、妊娠線が出来てしまう原因になります。

 

少しずつ、正常に体重を増やすのであれば皮膚もその変化に
ついていく事が出来ますが、一気に体重を増やしてしまうと
体型が大きく変わり、皮膚が対応しきれずに亀裂が入ってしまうのです。

 

また、肥満体型の方は皮膚下の組織が伸びにくいので、無理を
しない程度に余分な脂肪を落とすと効果的でしょう。

 

 

肌の保湿をする

妊娠線消えるクリーム

 

皮膚は乾燥すると弾力、柔軟性が低下して大きくなるお腹の変化に
ついていく事が出来ずに亀裂が入りやすくなってしまいます。

 

そのため、お腹が大きくなってから保湿を始めるのではなく、
お腹が大きくなる前の妊娠初期からしっかり保湿をし、皮膚を
柔らかい状態にしておく事が大切です。

 

<気を付けたい事>

 

妊娠線の予防に保湿が大事なのはもちろんですが、普通の
保湿クリームでは効果が十分ではありません。

 

「保湿」は出来るでしょうが、妊娠線はその奥の真皮層に
亀裂が入る事が起こる現象です。

 

ですから、妊娠線を予防するためには保湿成分が真皮層に
届かなければ意味がありません

 

妊娠線の予防を目的に作られたストレッチマーククリームや
妊娠線消えるクリーム、マタニティクリームを使う様にしましょう。

 

 

食事内容に気を付ける

妊娠線消えるクリーム

 

食事のバランスに気を付けて体重を一気に増やさない様に
する事も大切ですが、栄養不足にならない様にする事も大切です。

 

ビタミン、タンパク質、ミネラル、脂肪分をバランスよく摂取し、
体重に気を付けながら必要な栄養をしっかり補いましょう。

 

 

ケア方法と対策方法

 

妊娠線クリームでのケア

妊娠線消えるクリーム

 

出来てしまった妊娠線を消すためには、予防する時と同じ様に
保湿を行い、皮膚組織の補修ケアをするのが重要です。

 

亀裂が入り傷付いた真皮層を保湿により補修することで、皮膚表面の
跡も皮膚が再生する事できれいな状態に戻ります。

 

妊娠線が出来てしまった後でもあきらめず、出産後でも
妊娠線を消すクリームを使い続けて真皮層のケアを続けていく事で、
気になる跡を改善させていく事が出来るでしょう。

 

肌のターンオーバーを促す成分が入っているのが一般的なので、
妊娠線の予防と改善には専用のクリームを使うのがおすすめです。

 

外科的手術やレーザー治療

妊娠線消えるクリーム

 

エステサロン、美容外科、美容クリニックでの治療が可能です。

 

レーザー治療で真皮層のコラーゲンを補修、皮膚の収縮作用を
促す事で改善効果があるのはもちろんですが、「薄くする」事が
目的なので完全には消えない事もあります。

 

また、形成外科で皮膚切開手術により跡を隠す方法もありますが、
広範囲に妊娠線が出来ている場合は治療が難しいです。

 

治療費用も数万円〜数十万円以上かかるため、一般的には
おすすめの方法ではありません。