妊娠線 原因

MENU

妊娠線の原因とは?出来ても仕方ないは本当?

妊娠線消えるクリーム

妊娠、出産を経験した女性なら誰もが知っているでしょう「妊娠線」。

妊娠中女性の定番の悩みとなるものですが、出来てしまっても
「仕方ない」とあきらめてしまう方も多いようです。

 

また、出来てしまった妊娠線は「消えない」というイメージ
あるようですが、実際の所はどうなのでしょうか。

 

妊娠線は気になるけど「どうして出来るのか」「防ぐ手段なないのか」
この2つを知らない人は結構多いと思います。

 

そこで、妊娠線の原因やそのしくみについて説明をしていきたいと思います。

 

 

妊娠線とはどういうものか

 

どんな見た目になる?

妊娠線消えるクリーム

 

お腹が大きくなってくると、真皮層がお腹の大きさに合わせて
引っ張られ、伸びが耐えられなくなると裂けてしまい、皮膚表面に
みみず腫れ程の太さのへこんだ白い線が現れます。

 

最初は赤紫色の線をしていて目立ちますが、次第に白っぽく
テカりのある白銀色になり多少目立たなくなります。

 

イメージとしては、「痛みの無い傷跡」のようなものです。
出来てしまうと消すことは難しく、一生残ってしまう人もいるそうです。

 

痛みこそありませんが、皮膚が乾燥すると「妊娠性掻疹」という
かゆみを起こすことがあり、妊娠中のデリケートな肌は
まれに炎症を起こす場合があるので、掻かない様に注意し
保湿をして対策します。

 

かゆみや炎症が酷い場合は担当の医師に相談しましょう。

 

 

いつ頃から妊娠線が出来る?

妊娠線消えるクリーム

 

妊娠6か月を過ぎると急激にお腹が大きくなり、体型も合わせて
変化していきます。
大体この時期に妊娠線が出来てしまう事が多いですが、早い人では
4か月頃から出来てしまう事も。

 

6か月を過ぎても出来ず、油断していると臨月に一気に出来てしまう
事もあるので油断できません。

 

人によって出来る時期は異なります。

 

 

どこに出来る?

妊娠線消えるクリーム

 

お腹に出来るものだというイメージがありますが、脂肪が多く
皮膚の柔らかいおしり、胸、太ももなどにも出来る事があります。

 

伸びやすい部分なので、真皮層に負担がかかりやすく
妊娠線が出来やすい場所なのです。

 

 

妊娠線はどうして出来る?

妊娠線消えるクリーム

 

妊娠線は出来る人とそうではない人がいます。
この違いは何なのでしょうか?原因についてまとめて探ってみましょう。

 

 

栄養不足

つわりの時期に食べ物を受け付けず、油分、ビタミンが不足して
しまうと、肌トラブルを起こすきっかけになってしまいます。

 

肥満体型

皮下脂肪が多いと、弾力性に欠け皮下組織の伸びが悪く
亀裂が入りやすくなります。

 

老化、乾燥

肌に水分の量が少ない乾燥状態では、柔軟性に欠け亀裂が
入りやすくなってしまいます。
また、加齢や日焼けにより肌が老化していても亀裂が入りやすくなっています。

 

経産婦、多胎妊娠

双子、三つ子ではお腹も必然的に大きくなりますし、経産婦の場合は
一気に子宮が大きくなるので、皮膚が変化に対応できずに
皮膚に亀裂が入りやすくなります。

 

骨盤が小さめ、背が小さい

大きくなったお腹が前にせり出し、皮膚がより大きく伸びる
必要があるため亀裂が入りやすい状態です。

 

 

これらの原因が主なものとなりますが、必ずしもこれらが
原因になるとは限りません。

 

ここで挙げた事に当てはまらない方でも妊娠線が出来てしまう事も
あり得るので、日ごろから油断せずに保湿やマッサージを
怠らない事が大切なのです。