妊娠線予防 クリーム

MENU

妊娠線クリームの使い方について

妊娠線消えるクリーム

妊娠線が消えるクリームにはさまざまな商品がありますが、

どのようにして使用するのが効果的なのでしょうか?

 

妊娠線消えるクリームを使うなら、より効果的な使い方
して対策をしていきたいものです。
使用する際のポイントを紹介するので、
参考にして使ってみて下さい。

 

 

どれくらいの量を塗る?

妊娠線消えるクリーム

 

商品によって使用目安量は異なりますが、基本的には
たっぷりと塗って肌を乾燥から守って下さい。

 

少量で塗ると、ムラになりやすいですし塗り忘れた部分
できてしまうので効果を十分に発揮できません。

 

また、出来てしまった妊娠線の改善目的で使用する場合は
皮膚内部までしっかり成分を届けたいので、マッサージをする様に
肌の奥まで成分を届けましょう。

 

 

使用回数や頻度

妊娠線消えるクリーム

 

商品によって異なりますが、ほとんどの場合は1日2回、朝と夜の
使用をすすめているものが多いです。

 

妊娠線が出来ない様にするには、とにかく「乾燥を防ぐ」事が
重要であるため、お風呂上りの肌がデリケートな時や
朝起きた後には念入りにケアをする様にしましょう。

 

乾燥が酷い時や、出来ている妊娠線をケアする目的の場合は
使用回数を増やしても構いません。

 

こまめにケアをするのが大切なのです。

 

 

いつから使えばいい?

 

妊娠線の予防に使う場合

妊娠線消えるクリーム

 

体の変化を感じるのは大体妊娠6か月を過ぎたころからです。
お腹がふっくらとしてくるので、妊娠線ケアをし始める時期は
6か月頃からの方が多いよう。

 

しかし、妊娠線を予防するには皮膚を柔らかくしておく必要が
あるので、妊娠初期から「準備」としてケアを始めておくのが良いでしょう。

 

妊娠後期から妊娠線が出来始めるピークなので、確かに6か月からでも
遅くないような感じはしますが、早い人では中期から出来始めるので
早くから予防対策をして皮膚の柔軟性を高めるのがおすすめ。

 

また、産後1年程は皮膚がたるみ、しわになりやすいので
妊娠中に使っていたクリームをしばらく使い続けていきましょう。

 

 

既に出来ている妊娠線をケアする場合

妊娠線消えるクリーム

 

妊娠線が出来てしまった場合、すぐにケアを始めていきましょう
時間が経つとだんだん消えにくくなってしまい、肌の老化により
自然治癒が難しくなってしまいます。

 

ケアを始めてばかりのころは改善効果が感じられないかも
しれませんが、肌の内側から改善していくには時間がかかるものです。

 

諦めずに、気長にケアをしていきましょう。

 

 

塗り方のポイント

妊娠線消えるクリーム

 

妊娠線が出来やすいお腹、太もも、おしり、胸に塗る場合、
どの部位でも中心から外側に塗り伸ばすようにしましょう。

 

 

お腹に使う場合

 

おへそを中心にして、ぐるっと円を描く様に優しく塗り広げます。
(優しくマッサージをする様に)

 

下腹部から手の平で上方向に向けて撫でる様に。

 

お腹のふくらみが目立つ様になると、下腹部が見えにくく塗り忘れる
事があります。しっかりと全体にまんべんなく塗りましょう。

 

おへそを中心にして体の外側に向かい滑らせます。

 

気を付ける事

 

妊娠線消えるクリーム 妊娠中のこれらのケアは、お腹の張りを起こす可能性があります。
 マッサージをしてスキンケアをしている最中に張りを感じたら、
 すぐにやめてお腹を休めてください。

 

 

妊娠線消えるクリーム 妊娠線を消すクリームの使用方法は一般的にはこのようなものです。
 実際に使用する場合は、事前に商品の説明を見てから
 使うようにしてください。