妊娠線予防 クリーム

MENU

妊娠線クリームの有効成分の効果について

妊娠線消えるクリーム

妊娠線を消すクリームと普通の保湿クリームは「別物」

と言っても良いアイテムですが、具体的にはどのような
違いがあるのでしょうか。

 

妊娠線ケア用のクリームは、普通のクリームとは違い
肌の表面だけでなく奥まで保湿する効果があり、皮膚に弾力や
柔軟性を与える事で妊娠線の予防を行います。

 

また、成分にはターンオーバーを促す効果のあるものが含まれるので、
妊娠線を予防する事はもちろんの事、出来てしまった妊娠線を
改善する働きにも期待が出来るのです。

 

妊娠線消えるクリームに配合されている事が多い有効成分と、その働きに
ついての紹介をするので、商品を選ぶ際の参考にしてみて下さい。

 

 

保湿効果のある成分

 

セラミド

妊娠線消えるクリーム

 

保湿、保水力に優れる成分で、肌内部の水分を逃がさないようにする
働きがあるものです。
体内にも、もともとある成分なので刺激は少なく安全。

 

コラーゲン

妊娠線消えるクリーム

 

肌に弾力やうるおいを与える事で、肌のたるみやしわを防ぎます。
コラーゲンは不足すると、皮膚内部にダメージを受けやすくなるので
積極的に補いましょう。

 

シアバター

妊娠線消えるクリーム

 

古くから保湿クリームとして使われてきた植物の天然油脂です。
肌をダメージから守り、傷付いた肌を再生させる効果があります。

 

ヒアルロン酸

妊娠線消えるクリーム

 

保湿成分の代表格です。
細胞間に水分を抱き込み、弾力ある肌を作ります。
肌にクッション性が加わる事で、ダメージに強い肌に。

 

 

これらの有効成分を浸透しやすい状態にしたものや、より効果的に
なった有効成分を配合しているアイテムもあります。

 

成分表を見て、ダブルコラーゲンスーパーヒアルロン酸などが
含まれていないか注目してみましょう。

 

 

皮膚の再生、細胞活性化に有効な成分

 

スクワラン

妊娠線消えるクリーム

 

新陳代謝を活性化させ、健康的で柔らかい肌にします。
粒子の細かい浸透しやすい成分なので、他の成分を一緒に皮膚内部に
届ける働きもあります。

 

プラセンタ

妊娠線消えるクリーム

 

ホルモンバランスの調整や新陳代謝を促す作用があり、乱れやすい
妊娠中の肌を整える働きがあります。

 

ビタミンC誘導体

妊娠線消えるクリーム

 

亀裂の入ってしまったコラーゲンの補修、生成に効果的。
美白成分として知られていますが、傷跡ややけど跡の治療にも
効果的な有効成分です。

 

ヒトオリゴペプチド-1

妊娠線消えるクリーム

 

タンパク質の一種であり、皮膚の生成に有効な成分です。
希少価値の高い成分でしたが、今では大量生産をする事が
できるようになり、多くの基礎化粧品に配合されています。

 

アルガンオイル

妊娠線消えるクリーム

 

抗酸化作用に優れる人気の美容成分で、肌をやわらかく柔軟性を
持たせる事で妊娠線やしわの予防、改善に効果的です。

 

 

その他の有効成分

 

傷の回復を早めるアラントイン
妊娠中の冷え性を改善するダーマクロレラ
かゆみ、炎症を抑える効果のあるヨモギやその他植物エキス

 

商品によって配合成分が異なるので、自分に合う効果のある成分が
含まれる商品を選びましょう。

 

妊娠線を消すクリームは、予防の為に妊娠初期から使い始め、
出産後もしばらく使い続ける事をおすすめします。

 

普通の保湿クリームと妊娠線を消すクリームは成分が異なるので、
妊娠線の予防や改善には専用のクリームを使う様にしましょう。